フェンスウォール マルチとはコンクリート製の柱と柵板を組み合わせて設置する、新しいフェンス用の基礎材料です。
柱のサイズは【大】と【小】の二種類。形状は一種類。十字に板が入るという特殊な形状を活かし、一種類の柱と柵板で90°や鈍角等々どんな土地形状でも自由自在に、そしてスピーディに施工できる仕様となっております。
土の流出や雑草の飛び出しなどにも安く、早く対応出来ます。

2011_fucyu01_02
2011_06_koganei_01
09_IMGP2060
NEC_0115
re-4
06_IMGP2070
01_IMGP2068
P1020211
P1020131
previous arrow
next arrow
2011_fucyu01_02
2011_06_koganei_01
09_IMGP2060
NEC_0115
re-4
06_IMGP2070
01_IMGP2068
P1020211
P1020131
previous arrow
next arrow

既存工法のフェンス基礎に比べ、驚くほど少人数短工期での設置工事が可能です。
熟練の技術や特別な機械なども必要とせず、工期短縮人件費抑制によるコストの大幅削減を実現します。
そして、土圧補強板を使用する事により土留めとしての利用も可能です。

都建材工業株式会社ではお見積もりから施工まで一貫してお請けしております。

施工例

フェンスウォール マルチの施工例
フェンスウォールシリーズ 【土留め】での施工例

盛土耐圧について

フェンスウォールは【土圧補強板】を入れる事により、『土留め』としても使用可能です。
弊社では様々な工法を開発し、それらの実地試験を行っています、また段差地での設計計算書もダウンロードして頂けます。

施工方法

フェンスウォールは熟練の技術や特別な機械を必要としない施工が容易なフェンス用基礎材料です。

柱を立てるための穴を掘ります
柱と柱の間隔を正確に測り、柱を立てます
コンクリートを流し込み根固めをします
必要な数の柱すべて設置します
柵板を差込みます
柱と板の継ぎ目を埋めていきます
フェンスウォールの施工完了です
上にフェンスを設置して完成です
previous arrow
next arrow
 
柱を立てるための穴を掘ります
柱と柱の間隔を正確に測り、柱を立てます
コンクリートを流し込み根固めをします
必要な数の柱すべて設置します
柵板を差込みます
柱と板の継ぎ目を埋めていきます
フェンスウォールの施工完了です
上にフェンスを設置して完成です
previous arrow
next arrow

ダウンロード

タイプ 製品カタログ PDF図面 DWG図面
マルチ

関連製品